9月入学のメリット・デメリット 先生たちの考えは?

紫外線

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国の多くの学校で臨時休業が続いています。そんな中出てきたのが「9月入学案」。政府も本格的に検討を始めたようです。賛否両論ありますが、現場の先生達はどう考えているのでしょうか?

Sponsored Link

先生が考える9月入学のメリット・デメリット

 先生仲閒と話す中で、9月入学の話は、休校が始まって少したった頃からでていましたね。小学校の場合、5月の連休明けから学校が再会できれば、授業時数をなんとか確保できますが、それも無理となってしまいました。中学校は、昨年度末の未履修分があるため、さらに厳しくなってきます。

教えるべきことを十分に教えられない

あるはずの行事を子ども達にさせてあげられない

先生達はそのことを心苦しく思っています。

冗談半分で「全員留年しよう」

とか、冗談ぬきで「9月入学になればいいのに」

という話を先生仲閒とはよくしています。

世間の様々な事情はさておき、先生たちが考える勝手な9月入学のメリット・デメリットをあげてみました。

9月入学のメリット

・授業時間を確保できる(今年度は3月までだと授業が終わらない)

・行事や夏休みを大幅に削らなくてすむ。

・部活の大会を春に実施できる

・春の勉強や運動をしやすい時期を学校で有効に過ごせる。

・インフルエンザや積雪の心配がない時期に入試ができる。

・夏休み、異動や新年度の準備に時間を使える。

・海外への留学がしやすい。受け入れやすい。

9月入学のデメリット

・新卒入社時期を9月にするなど、社会全体の仕組みを変更するしかない。

・現在学生の人は半年間在学期間が延びる。(学費等の問題)

・今までの学校の年間計画を全て考え直す必要がある。

個人的にはメリットの方が多いような気がしているのですが、みなさんはどう思いますか?

Sponsored Link

9月入学は賛否両論

9月入学について、世間の人々はどう思っているのでしょうか。

賛成意見が多いかと思いきや、反対の人もわりといるようです。特に高校2年生・3年生は、新型コロナウイルスによる休校と急に議論されはじめた9月入学案に振り回されている様子です。

逆に、小学生以下の子どもをもつ親は今後のことを考え、賛成と考えている人が多いように感じます。子どもの年齢によって考え方が変わってきそうですね。

Sponsored Link

コメントを残す

*